コンピュータ将棋 アドベント・カレンダー☆

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「こんばんわだぜ☆

家の前の公園に住んでいる 北白河ちゆり さんに

そっくりだから ちゆり と呼ばれている 北白河むすでょ だぜ☆

よろしく☆」

cpolze4ueaikfgf_%e5%85%ac%e5%9c%92

※公園

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「公園に住んでいるというと 家がない人のようだぜ☆

きふわらべ だぜ☆ よろしく☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「コンピューター将棋の アドベント・カレンダーって何やるの?」

201612020228

ADVENTAR 「コンピュータ将棋 Advent Calendar 2016」

http://www.adventar.org/calendars/1457

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「もう2年ぐらい デジゲー博に出るヒマもないほど

コンピュータ将棋ばっかり やってるわよね。

岡崎夢美よ。よろしく」

201612020232

デジゲー博 次は来年だぜ☆(^~^)

総合トップページ

201612020423b

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「デジゲー博 起ち上げの 第1回 から 全参加 してたのに……」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「そうそう、ファミ通でも 記事になっている でかいイベントだぜ☆」

 

同人・インディーゲームの期待・圧倒・驚きが勢揃い! “デジゲー博2016”リポート(1/3)

http://www.famitsu.com/news/201611/17120866.html

 

デジゲー博2016 アフターレポート

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「ところで、最近は コンピューター囲碁電王戦 も

始まったようだな。 おじまよーじ って知ってるかだぜ☆?」

ccdevswumaagbuy

ccdfwgpusaagdme-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「プラネット・ゼータ、動作が軽快で遊びやすいよな。

季節の変わり目に売ってるので、1000円札と 500円玉 握って

近くの本屋で 買ってこいだぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「本屋で つでに シー・マガジン を買うのとかお勧めだぜ☆

ソートや 画像処理などの アルゴリズムが載っている☆」

 

C Magagine

http://www.sbcr.jp/topics/11895/

 

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「お父んは情弱だな☆

いまどき ネットで なんでもできるんだぜ☆」

RPGアツマール

http://game.nicovideo.jp/atsumaru/

 

 

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「お父んは本来、こっち側の住人だよな☆

ささ、コンピューター将棋から足を洗って RPGを作れだぜ☆」

C76夏コミ新作RPG 「はぢきせ!」 OP&告知ムービー

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7823991 ※タイトルの電波ソングを聴ける


マジカルバケーションDSあるあるorねーよwithはぢきせでマジバケ1
http://www.nicovideo.jp/watch/nm11066318

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「タイトルは 電波ソングにして欲しいとかプッシュしたり、
RPGの主人公は コードギアスみたいな ルックスのいいキャラクターにしたいとか 趣味を丸出しにしたり、
要望に応えられた完成度は 100%☆
この キャラクター・エディット 画面とか お父んがスクリプトを組んで作った☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「コードギアスを要望しながら タイトルに電波ソングを持ってくるのが すごいぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「今回のこのコンピューター将棋のブログ記事、

ゲーム内容とのシンクロ率100%☆ 電波ソング オー・サプレマシー

をBGMに掛けながら読むのが 義務な☆

“♪ あなたの くれた この装備が あれば~☆!” 」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「これ、コンピューター将棋の記事だったのね」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「なんかお父んな、世間の人とは ちょっと ずれているようで」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

時軸じじく が ずれてるわよね」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「やりたいことがあるから やるだろ☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「そんなこと できるやつが 存在しない☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「サークルに参加したり、メンバー集めてゲーム作ったり、

コミケで売ったり、 デジゲー博のスタッフしたり☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「これなんて お父んが ゲーム のコンテストに応募した

ガチ作品だぜ☆ 優勝賞金は イッセンマン、を狙ったんだが……☆」

【ニコニコ動画】【時代に】C78夏コミ新作「Vs&Ves」告知ムービー【逆行】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10228857

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「似たようなことをしている人が 周りにいない……☆

で、集まるわけよな。

例えば 同じ種類の人って こんな感じだぜ☆」

【ニコニコ動画】【時代に】C78夏コミ新作「ザーグ伝説Z」告知ムービー【逆行】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10229677

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「秋葉原を 電気街と思っている人たちだぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「秋葉原の電気街には 昔、 同人ゲームショップ の さんげっと

という専門店があってな☆

こういう あんまり見かけない人が作ったゲームや グッズが

置いていた☆」

cdwewauveaa6fr6

cdv8y82ukaao0ct

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「店内には チップチューンが流れ、外国人にもツイートされ

同人ゲームを アーケード筐体に入れて バーコードリーダーで選ぶと無料で遊べる(何かCDは1枚ぐらい買って帰れ) “うさアストロ” とか

50台以上のタブレットを並べた 店頭デモ とか やってた

面白いお店だったぜ☆」

ckldf9uuyaejnlu_%e7%84%a1%e6%96%99

cdrdij4vaaanzfi

ccn8k-8ueaaqusk_%e3%83%87%e3%83%a2%e6%a9%9f

demo8

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「なお、ハゲ頭のヒゲ店長に 店内の巨大ディスプレイを路面に出して

ゲーム画面を秋葉原に流せ☆! とか プレッシャーかけたのは わたし だぜ☆wwwww

おそらく 誰も気づかないが 秒換算でも何万円、

トータルで 何百万円 の価値があることはやってたんじゃないか☆wwwwww

金持ちが この記事を読んでいたら、店内の同人ゲームを一通り遊んでいる 元・店長の KWSK をよろしくだぜ☆wwww 特技は 木材で什器をDIYな☆(^▽^)wwwwww

腸を壊しながら どこかでまた何かやってるだろ☆wwww」

ccti9anukaara86-1_%e5%a4%a7%e7%94%bb%e9%9d%a2

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「いろいろ やってるな……☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「雨の日も 風の日も がんばったぜ☆」

cdbntu1uiaa-vx3_%e9%9b%a8%e3%81%ae%e6%97%a5%e3%82%82

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「購入を☆」

82%e6%9e%9a%e3%81%ae%e9%9f%b3%e6%a5%bdcd%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%88

1%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%90%e4%ba%ba%e4%b9%97%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%82%82%e5%a4%a7%e4%b8%88%e5%a4%ab

kifuwarabe_80x100x8_07_uwaaaa

「なんだぜ これーーーっ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「店で物を買うのが 一番の支援になるんだぜ☆」

kifuwarabe_80x100x8_06_yodare

「次はいつ 遊びに行くんだぜ☆?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「もう店が無い☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「……………………☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「無くなったものを紹介されても、なんにもできないじゃないの!」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「へぇ、こんな人 いるんだ、みたいな紹介だぜ☆

何にお金を使っているか、は

一番 的確な 自己紹介だと思っているぜ☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「店がなくなったら お金が使えなくなるな☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「まったくだぜ☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「なんで お父んは 同人ゲーム に そんなに お金を注ぎ込んでいるんだぜ☆?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「いや、べつに、ただ 生きているだけなんだが……☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「ほっとくと また 同人ゲームを作ろうとするんだろ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「そうそう……☆

どちらかというと 遊ぶより 作るのが趣味なんで……☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「で、 なんで 同人ゲームに 戻ってこないの!」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「コンピューター将棋のAI や、 機械学習は、

ゲームのキャラクターに 人間らしい反応が求められていく時代には

ヒツヨウとされるだろ☆

人工知能、AI は、習得しておきたいぜ☆

もう 『北のほこらに行け、炎の魔竜が棲んでいるそうじゃ』 とか

言ってくる爺さんもいなくなるぜ☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「AI どころか、お父んは

『お箸は何本要りますか?』 『じゃあ 一膳で』

ぐらいしか 一日の間に 会話しないだろ☆

AI は お父んには不要だぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「…………、あれっ、

AI って なんで要るんだろ……☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「簡単なことを するのが AI なんじゃないの。

顔を認識するとか、 声色から感情を察するとか、

人間に当たり前にできることが AI でしょ」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「そうそう、将棋を指したりな。小学生でもできる☆」

kifuwarabe_80x100x8_04_tententen

「AI が無いと、コンピューターは 将棋を 指せないのかだぜ☆?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「たっくさん データを記憶できる メモリー とか、

何千万回の計算を 1秒の間にできる CPU とか、

そういうものが揃ってこないと、 “簡単” なことも できないんだぜ☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「簡単なことをするために、でかい出費だぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「しかも 利用者が欲しがっているのは AI そのものではなくて、

AI が裏にいるのかどうかも分からない サービスだからな☆

コンピューターは こんなことが 簡単にできました、

それを知っていることが 新たなサービスの発明に つながるんだぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「 (その知識で……、家に金を入れてくれ……!) 」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「コンピューターが将棋を指せる、それはもう AI なんだぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「で、わたしは コンピューターに 簡単 なことをやらせたい☆

それが ゲームを面白くさせると思うんだぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「ゲームを作るなら アクション・ゲームでも4か月、

RPGなら 1年半ほど 欲しい、

開発費は 家が買えるぐらいあると 色んなことができる……、

音楽を外注して、イラストレーターに金払って、印刷は安くして……

あっ、太陽誘電、CD製造するの止めてるぜ☆

スタッフは 4人~6人ぐらいの少人数がよくて 請求書は書こうぜ、

税務署は必ず目を光らせているから 経理の勉強しようぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「でも お金がないなら無いで

ゲームの下地部分だけ作って 知り合いに売り込むか☆

絵を差し替えたり 音楽を合わせたりする オーサリング が得意なやつもいるし、

プログラムは1行も書けないけど 調整を任せればゲームの深さをどんどん掘っていく レベル・デザイン が得意なやつもいる☆

キャラクターや シナリオも丸投げして、

お父んは、

1日中椅子に座って ぼけーっと天井でも眺めながら あの人はゲーム制作のどこに関わっているんですか、とか言われながら 書くと動く 何かを実現するコード を書いていたい、

とか話しかけようとすると 誰とも 話が通じないのな☆」

kifuwarabe_80x100x8_04_tententen

「誰とも 話が通じなくてもいいじゃないか☆

一人でやれば☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「そうそう……☆

ゲームは 2、3 日で作ってんでしょ、と思ってる人とか

金くれと言うと 返事がこなくなった人とは 話しにならない……」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「で、去年の電王トーナメントに ねこ将棋 さんが出ていたんだが、

スマホの 詰めパラ 作ってるのか、面白そうだな、

で、今年の6月には ねこ将棋 さんと組んで

スマホ・アプリを出したんだぜ☆」

201612020407

スマホ・アプリ 「きふわらべGO」

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kukilabo.kwb&hl=ja

kifuwarabe_80x100x8_04_tententen

「お父んは 行動が早すぎるぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「ガス代も払えないのに ゲームは作れるのよね」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「お金が入ったら 払う☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「そろそろ本題に入ろう☆

これを見てくれだぜ☆」

201611260340

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「何だぜ、これ☆? 安っぽい画面だぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「コンピューター将棋に 美術 は要らないんで……☆

むしろ PC の CPU が 100% になって

キー入力した 漢字変換が 待ってくれ状態になったりするんで、

極力 PCに何も負荷かけてない ぐらいのものがいい☆」

kifuwarabe_80x100x8_09_umm

「むずかしい話しで テンションが下がってきたぜ……☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「これは なんなの?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「どうぶつしょ……、 しょうぎ・さん・よん という

小さな盤と 動きの少ない駒 で遊ぶゲームだぜ☆

たなかてつろう という人が 完全解析 して

78手で 後手必勝といったことも知られている☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「これと コンピュータ将棋アドベンターと

どういう関係があるんだぜ☆?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「コンピューター将棋の入門にはいいだろ☆ スタンドアローンの1人用ゲームとして開発中だぜ☆」

201611260402

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「ちょっと待ってよ、

クリスマスまでの時間を楽しく過ごす ただのブログ記事で

何を始める気なの?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「えっ☆? 2017年5月の 第27回世界コンピュータ将棋選手権で ポナンザを倒そう、と夢見ている人たちが 読んでいるんじゃないのかだぜ☆?」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「そんな 憧憬、即 行動 みたいなやつはいない」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「みんな もっと こう……、やんわりした話を書くのよ」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「12月11日の 数学ヤクザも☆?」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「やんわりよ!」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_03_Ahee

「次の5月が過ぎると その次は 10月か11月☆

のんびり 待ってられないぜ☆

このブログを読んで すぐにでも開発しようぜ☆!

わたしなんか」

%e9%9b%bb%e7%8e%8b%e6%88%a6%e3%82%92%e8%a6%8b%e3%81%aa%e3%81%8c%e3%82%89

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「電王タッグマッチを見ている横で 開発していたからな☆

3か月後 電王トーナメント☆」

kifuwarabe_80x100x8_03_iyaiya

「作りかけの わたしが いるぜ☆」

20150905_cohezqnu8aabol__%e6%97%a9%e7%a8%b2%e7%94%b0%e5%85%a5%e5%8f%a3

20150905_coi6hy9ueaa90tt_%e5%a4%a7%e9%9a%88%e9%87%8d%e4%bf%a1

20150905_coi_priu8aafjzi_%e6%97%a9%e7%a8%b2%e7%94%b0csa

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「その次の年には コンピューター将棋協会の協会員になって

早稲田大学や 芝浦工業大学でやっている例会に参加、

フィッシャー・ルールの導入をプッシュしたぜ☆」

kifuwarabe_80x100x8_09_umm

「好きなように生きてるな……☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「きふわらべちゃん、角の頭を守ってくれないのよねぇ」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「どうぶつしょうぎ でも悩みは同じ☆

わたしの頭は 1手1手 読まなくても

駒を前に進めて 駒をガンガン取ってけば らいおん取れるだろ、というのが すぐ見えてしまう☆

コンピューターには そういう 勝ち方みたいなところが 分からないんだぜ☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「なんで 分からないんだぜ☆?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「椅子や 机と おんなじだぜ☆

本棚に向かって 将棋指そうぜ、と言ったって 指せないだろ☆

コンピューターも 下駄箱に毛が生えたようなものだぜ☆」

KIFUWARABE_80x100x8_02_Hidosu

「毛って何だぜ……☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「将棋が勝てさえすれば 知能なんか 要らないのにね」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「なんか、千手観音が1劫年かけるレベルで遊ぶ 1兆本、

2兆本 という ものすごい数の釘を打ち付けた

パチンコがあって、その釘に 将棋とは何たるかを込めて角度を

付けて あとはその クソ・パチンコの結果と 将棋の結果が

たまたま合えば すごいパチンコと言えるよな☆」

kifuwarabe_80x100x8_04_tententen

「人はもっと “知的” にがんばっているのに……☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「コンピューターが 下駄箱より すごいのは、

画面に文字を出してくれることだぜ☆

B2ひよこ☆!」

201612021104

kifuwarabe_80x100x8_03_iyaiya

「同ぞう☆!

文字なんか マンガでも テレビでも 出てくるぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「プログラムは、その文字を消して 書き直すことが

何回もできるんだぜ☆

これが案外 すごいことなんだぜ☆

B3ぞう☆ あいぞうかんむり だぜ☆」

201612021108

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「A2きりん☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「すいすい 指しているわね」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「…………☆ お父んの飯のタネだぜ☆

実のところ 第4回 電王トーナメントに出た きふわらべ より

機能が充実している☆」

kifuwarabe_80x100x8_03_iyaiya

「ぶっぬぐぐぐぐぐ☆!

早く指せだぜ☆!」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「できないのは 通信対局と マウス操作ぐらいのものだぜ☆

駒の位置をキーボード入力すれば 指せるぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「C列4段にある ▲き を

C列3段に進めたければ、

do c4c3

と打ち込んで [Enter]キーだぜ☆ 簡単だろ☆」

201612021115

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「おら☆! A1ぞう だぜ☆! 穴ぞう☆!」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「ぞう なんか 穴に入れなくていいのに……☆

このように すぐに 打ち返してくるぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「フリーで配布すんの?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「したら お父んが死んでしまう☆

さっきの話を聞いていたのかだぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「コンピューターというのは、

考えるからすごいわけでは無いんだぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「人間が 指し手を打ち込み、

コンピューターが結果を画面に出す、

この2つができるから 人と仕事ができる、

というのが すごいんだぜ☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「早よ 指せ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「C2きりん☆」

201612021130

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「C4ひよこ打☆!」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「えっ、なんで そんなとこに打つの!?

タダじゃないの!?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「読み筋が出てるだろ☆

C4▽ひよこ打(H*C4)、 A3▲ひよこ打(H*A3)、 同▽きりん、

同▲らいおん(B4A3)、 A2▽ひよこ打(H*A2)、同▲ぞう(B3A2)☆

打った ひよこ は無視されて 左端で開戦して、

形勢判断は 515 のプラスと見ているようだな☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「ぜんぜん プラスに見えないんだけど」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「ふむ……、プログラムにバグがあるのかもしれないな☆

ひよこ を取ったら勝てるだろうけど、

きふわらべ の読み筋通りにさしてやるかだぜ☆

A3ひよこ打☆!」

201612021149

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「B2きりん だぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「読み筋通りなのに 手を変えたんだけど」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「さっきは 時間 1.001秒、深さ 6、枝 107731 だったんだが、

今度は 時間 1.001秒、深さ 7、枝 115703 になっているな☆

さっきと比べて 1つ深く 読んだみたいだぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「なんで 同じ思考時間なのに 読める枝が 8千本近く 増えた上に 深く読めたの?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「コンピューターは、枝は すいすい 読めるんだぜ☆

言ってしまえば 枝なんてものは 仕事部屋に向かう途中の曲がり角の数を数えているようなものだぜ☆

途中で寄り道していれば すぐに増えてしまう☆

探索で時間がかかっているのは、葉っぱ での評価だからな☆

それに比べれば 枝を増やす なんて コンピューターにとっては レストランに寄ってコーヒーでも飲んで 休憩しているようなものだぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「じゃあ 枝が少ないというのは 葉っぱを1枚でも多く 吟味しているからということなの?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「わたしの 計測方法では 葉っぱも 枝 だからな☆

枝の数字だけからは 内訳は分からないが、

単純に 1つ深く読んだんで 枝も増えたんだろう☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「なんで 1つ深く読めたの?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「持ち駒の ひよこ を打ったから 指せる手が

少なくなったんじゃないか☆?

持ち駒1個持ってるだけで 6個所ぐらい 選択肢があるからな☆

枝分かれが減れば、深く読めるぜ☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「お父ん、これからは 持ち駒は さっさと打てよな☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「C3らいおん☆」

201612021227

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「B3きりん だぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「きふわらべちゃんの 読み筋通り進むと、

きふわらべちゃん 負けちゃうじゃない?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「すぐには負けないが、

探索部分は まだよくできてなくて おかしな動きは よく見る☆

ここで 王手がかかっているな☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「状況を確認してみようぜ☆

ここで sasite seisei とコマンドを打ってみるぜ☆」

201612021238

201612021238b

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「こんな感じに この局面で指せる 指し手を カテゴリー別に分けるんだぜ☆

上から順に 優先的に探索されるぜ☆

これ、『指し手のオーダリング』 な☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「 余裕返討手 というところに C3B3、

逃げろ手 というところに C3B3、C3C4 があるわね」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「余裕返討手 というのは、

らいおん は逃げれるけど、王手かけてきたやつを取り返そう、という手だぜ☆

逃げろ手 というのは、これ以上 優先順位が下の手を考えている場合ではない、すぐ逃げろ、という手だぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「1手1手で シビれるような わずかな読み違いで勝負が決まってしまうような手を 繊細に読むように 読む順番の優先順位付けを している☆

後ろの方は なんか もう読まなくていいや とか思って

バッサリ カットしたりする☆

逃げなきゃいけない局面で、他の手なんか考えてなくていいよな☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「つまり この局面で選べる手は

B3らいおん と、C4らいおん があるんだぜ☆

あー、バグだぜ☆ C3B3 が2つあるだろ☆

2回も同じ枝を探索することになってしまう、無駄だぜ☆」

KIFUWARABE_80x100x8_02_Hidosu

「バグがあっては 状況把握は 何にも正しくならないぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「じゃあ 指し掛け にするかだぜ☆

ky fen と コマンドを打ち込んでみるぜ☆」

201612021252

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「fen zr1/2K/HkR/2h z 1

という記号の並びが出てきただろ☆

これを覚えておくと あとで 局面を復元できるんだぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「パスワードみたいな文字ね」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「じゃあ 復元するぜ☆

ky fen zr1/2K/HkR/2h z 1

と打ち込んで [Enter] キーだぜ☆」

201612021309

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「これで 続きからできるぜ☆」

201612021311

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「逃げろ手 の C3B3 は いなくなったろ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「さくっと 直せたのね」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「バグ取りで 一番時間がかかるのは 問題個所の特定だからな☆

問題個所を知ってれば 直すだけだぜ☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「続きを指そうぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「B3らいおん☆!」

201612021319

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「B4ぞう打☆!」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「タダ捨てなんじゃないの?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「じゃあ set P2Com false コマンドでコンピューターを止めて

undo Z*B4 コマンドで局面を戻してみるぜ☆」

201612021323

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「そして sasite seisei コマンド☆」

201612021326

201612021326b

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「きふわらべも B4ぞう打 は、タダ捨て だと思ってるみたいだな☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「じゃあ タダ捨て打 を止めさせなさいよ!」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「タダ捨て してる方がマシ、みたいな 場面もあるんだぜ☆

タダ捨て が 悪手とは 言えないんだぜ☆

将棋にも 送りの銀 とか、タダ捨て を使った 絶品の詰め技があるだろ☆

だから タダ捨て をさせない、というような 決め打ったプログラムは書けないぜ☆ 優先順位を下げるだけ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「タダ捨てを止めさせることは できるんだが、

他にも何か不具合があって、タダ捨て をしているのかもしれない☆

どこかが悪いときは、問題を起こしてくれるのは 大事なんだぜ☆

問題を隠してしまっては、悪いところを解決することができないんだぜ☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「じゃあ 早く直してくれだぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「悪いところがどこかを見つけるのがタイヘンなのな☆

平気な顔をしてないで、どんどん症状を起こしてくれだぜ☆(^▽^)」

201612022328

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「じゃあ ここで、 B2きりん打 と勝負手を放ってみようぜ☆

この手は 損か 得か☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「A1の▽ぞう で B2の▲きりん を取るでしょ、

C2の▲きりん で、B2の▽ぞう を取り返すでしょ、

きりん と ぞう の交換よね」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「ひよこ は 100点、

きりん と ぞう は 同じ 200点、

らいおん は 2900点、 にわとり は 300点、

と お父んが勝手に点数を決めておいたので、

きりん と ぞう の交換は さしひき 0点だな☆

この交換は 悪くなさそうだぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「という計算も コンピューターはやっている☆

計算は コンピューターの中の心臓ともいえる中心部、

CPU というところが得意なんだぜ☆

やってみよう☆

see K*b2

とコマンドを打つんだぜ☆」

201612022328

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「よし、じゃあ計算するぜ☆」

201612022336b

kitashirakawa_chiyuri_80x100x8_05_hehe

「ここで コンピューターを理解する コツ なんだが、

ビデオを逆再生したり、小説のページを後ろから読むみたいに、

詰むか 詰まないかも 逆から読むんだぜ☆

これ、 『再帰関数さいきかんすう』 の特徴の1つな☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「お父ん、  ~  の数字をペイントしたな☆

何だぜ、これ☆?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「一番の未来が⑤だぜ☆ 先頭に来ている☆

未来から現在に遡って読むのは 人間には読みづらいから 下から上に 出力結果を読もうぜ☆

①が B2 に きりん を打った局面だぜ☆」

201612022336b_1

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「SEE評価値は 相手番がどう思ってるかの評価値だから、

makeru 3、 と出ているが これは表示が間違っていて

katu 3、 3手で手番の勝ちなんだぜ、と答えを出しているな☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「1手で きりんを打ち込む、

2手で ぞうがきりんを取る、

3手で きりんがぞうを取り返す、

で終わりでしょ?

王手にはなるけど、まだ勝ちじゃないんじゃないの?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_03_Ahee

「調べてみるかだぜ……☆

計算結果を ②~⑤ に 残しておいてくれているので、

助かるぜ☆」


2016-12-02 23:50

kifuwarabe_80x100x8_06_yodare

「ぴん ぽん ぱん ぽん☆!」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

何!?

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「おっと、アラームかだぜ☆

コンピューター将棋 アドベントカレンダー の締め切り10分前に

なったようだぜ☆

ここで投稿するか……☆(^~^)」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「でも、記事は もうちょっと 続くんじゃよ」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「まだ書くの?」

kitashirakawa_chiyuri_80x100x8_05_hehe

「12月3日は、まだあと24時間残っているぜ☆!」

kifuwarabe_80x100x8_05_nohoho

「12月2日の23時59分までが締め切りなのに……☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「次の手は ②☆」

201612022336b_2

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「2手目、B2ぞう☆!」

201612022336b_3

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「3手目、B2きりん☆!」

201612022336b_4

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「4手目、B2らいおん☆!」

201612022336b_5

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「5手目、同らいおん☆!」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

ええーっ!

kifuwarabe_80x100x8_03_iyaiya

「らいおん を取られてしまったぜ☆

B2 に きりん を打たれてはダメか☆!」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「いやいや、きふわらべちゃん!

らいおん で きりん を取らずに、らいおんを横に逃がせばいいのよ?」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「目の前に きりん がいるのに、何で取らないんだぜ☆?」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「その後ろに らいおん がいて、取り返されちゃうからよ」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

(そうか……( ^ω^)

らいおん で取りに行くときは、 もう相手の利きがないことを確認しないと行けないのかだぜ☆)

 

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「らいおん のときだけじゃないわよ。

ぞう だって、きりん だって、 ここで取るのを止めておけば

損しなかった、というときだってあるのよ?

例えば

▲ぞう損、▽ひよこ損、▲ひよこ損……、と ▽2プレイヤーが

ぞう得 なら、もう △きりん を突っ込ませなくても もう十分よ」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「▲ぞう損、▽ひよこ損、▲ひよこ損、△きりん損 となってしまっては

ぞう得 だったのが さしひき 0 に なっちゃいますからね」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

(なるほど……( ^ω^)

そんなことが あるのかだぜ☆)

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「もっと突っ込んだら 得することは無いのかだぜ☆?

▲ぞう損、▽ひよこ損、▲ひよこ損、△きりん損、▲にわとり損 ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

(ほう……( ^ω^)

いろんなケースを考えているぜ☆ これがプログラムかだぜ☆)

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「将棋で例えると、こういう場面かだぜ☆?」

201612030331_1

 

201612030331_2

 

201612030331_3

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「ここで止めておきたい☆

竜なんかで 取り返したら、 えらい目に遭うんだぜ☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「でも お父んは 取るんだろ☆?」

201612030331_4

 

201612030331_5

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「ふっwwwwwwwwwwwwww」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「じゃあ 計算してみようぜ☆

最後に残った 銀☆」

201612030331_6

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「ひとまず 0点 としておこう☆

次、銀に取られた 竜☆」

201612030331_7

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「自分の価値は 相手に渡るんだぜ☆

確かに、 こいつが、竜を取った竜 なんだったら

清算したんだな、と 話は分かるが……☆」

201612030331_8

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「仮に 銀を 600点 としておこう☆

竜、-400点 の仕事しかしてないぜ☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「手番(▽)から見れば、銀と竜の交換なら +400点だな☆」

201612030331_9

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「逆回しで作っているこの図は 確定の未来を示しているので、

現局面の手番(▽)から見れば 竜さん+400点 どうぞ ウェルカム☆ だし、

現局面の相手番(▲)から見れば 400点損する未来しか見えないぜ☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「けっこうな判断だぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「じゃあ ここで、竜は飛び込まなかった、という未来にしてみようぜ☆

竜は取られる心配もないし、ここで 取った、取られた の切れ目としておこう☆

なんか 争いに巻き込まれなかった 銀は とりあえず 0点 で☆」

201612030331_10b

 

201612030331_11

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「 “と” なんか取っても持ち駒になると 歩 だし、気分は 100点 なんだが……☆」

201612030331_12

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「 “と” は 銀 を取っていたようだな☆

どちらも 600点とすると、 さしひきは 0 だぜ☆

0以上なら 取り合いは やっても損は無いんじゃないかだぜ☆?」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「歩 と 銀 の交換なのよ?

駒割りは 計算し直さないの?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「取った駒を使えない チェス から来た考え方なので……☆」

201612030331_13

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「 “と” の価値を 100点としよう☆

手番(▽)から見ると、銀は ここに置いてるだけで -500点 だな☆

相手番(▲)から見れば 仕掛けは +500点、

やるだけ 500点 のお得だぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「人間なら いつでも取れる500点なら 後で取ってもいいだろう、

と考えて 他の所に手を付けたりするんだが、

コンピューターは 視界に入った一番いい選択肢は 取りに行くぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「竜の何が悪かったのかしら?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「取ると 400点損をすることが確定している 銀 を取ったからだぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「歩は 何が良かったのかしら?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「取ると 500点得をすることが確定している 銀 を取ったからだぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「何で 確定しているの?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「未来から 現在に戻ってきながら 計算しているからな☆

これが 『再帰関数さいきかんすう』 のパワー☆

小説を後ろのページから読むようなものだぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「なんで 再帰関数 は未来を知っているの?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「まず 未来に向かって 適当に走っている☆

わたしみたいだな……☆

そして マラソンの往復だぜ☆ 一番奥の中継ポイントを回って

帰ってくる途中に計算するんだぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「どこが 一番奥なの?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「最初に深さを決めて 一気に奥まで行くタイプと、

駒の取り合いみたいな、取り合いが起こる駒が無くなったら終わり、といった条件を付けたタイプもあるぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「じゃあ さっさと らいおんを取り合うバグ を取り除きなさいよ」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_04_Aozame

「ブログを書くのか、バグを取るのか どっちかにして欲しいぜ……☆ ぐはー☆」


08:22

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「よし、直したぜ☆」

201612030821

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「らいおん で突っ込む直前で ぴたっと止まったぜ☆

なぜだぜ☆?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「(1) 駒を取り合うときの 最後の手を SEE=0 と仮定して、

(2) この駒を取ったら損するぞ、という手を SEE<0 と仮定して、

(3) 計算中はずっと 0 <= 手番から見たSEE にしておいて、

(4) どこかで 手番から見たSEE < 0 が現れたら

SEE を 0 にリセットする、

という 至極 シンプルな 4つのルール で うまいこと行くんだな、これが☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「なぜだぜ☆?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「 SEE を、 おいしさ という単語に置き換えろだぜ☆

(1) 最後に駒を取ったやつは、誰も食べれないから おいしさ 0 ☆

(2) 食らうと死ぬ毒は おいしさ<0 ☆

(3) 計算中はずっと 0<=おいしさ ☆

(4) どこかで おいしさ<0 があらわれたら、毒食って死んだんだぜ☆ そこより1つ手前のやつが 誰にも食べられない最後のやつ、ということにして(1)に戻るんだぜ☆」

kifuwarabe_80x100x8_09_umm

「ふむ……☆ 駒1個ずつの点数で考えるのではなく、

将来の指し手の 利益 を おいしさ と表現し、

おいしい状態で 駒の取り合いの升に飛び込むのは

おいしさ を丸ごと相手に渡してしまうようなものだから、

そんな手は指さず、

将来の指し手が 損 しかないときは 毒 と表現し、

毒 の状態で 駒の取り合いの升に飛び込むのは

損しない、ということかだぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「ちょっとお! きふわらべちゃんの方が あんたより賢いわよ!」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「いや、教えている わたしが 賢いんで……☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「やっと指せるぜ☆

B2きりん打☆」

201612030851

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「同ぞう だぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「同きりん☆」

201612030853

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「C1らいおん☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「うまいわよ、きふわらべちゃん」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「なんか、4段目に転がってる ▽ぞう、▽ひよこ が スーパーの陳列棚 になってるよな☆

カレーに入れて食べるかだぜ☆?

あと 読み筋の中で わたしが タダ捨て するのを読んでるだろ☆

そんなの無いからな、

C2きりん☆」

201612030858

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「B1らいおん☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「AI が作れれば、友達なんかいなくたって ゲームで遊べるわね」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「聴こえているぜ ご主人さま☆

A2ぞう☆」

201612030902

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「A1らいおん☆

お父ん、歯を磨けよ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「深夜3時に磨いた☆

B4らいおん☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「あんたは どんなAIを 積んで らいおんを 動かしているの?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「この頭は 自前なんで……☆」

201612030906

kifuwarabe_80x100x8_07_uwaaaa

「C3きりん☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「ちょっと、これって あれじゃないの、あれ!」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「あれじゃ分からない……☆

きふわらべは ぞう を C1 に打ってくることを期待しているようだな☆

確かにそんな手を指したら この局面からでも お父んは一気に負けてしまいかねない……☆

C3らいおん☆」

201612030911

KIFUWARABE_80x100x8_02_Hidosu

「まいったぜ☆(>_<)」

kitashirakawa_chiyuri_80x100x8_05_hehe

「よし、勝ったぜ☆ なかなか面白かっただろ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「あれよ、あれ!

コンピューターは 負けが見えると 王手を水平線の向こうに追いやって、

詰みを先延ばしにするのよね! 電王戦でやってたやつ!」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「何だぜ、それ☆?」

kitashirakawa_chiyuri_80x100x8_05_hehe

「電王戦と言えば、毎回 楽しみにしているものがあるんだぜ☆」

 

第4回電王トーナメント参加者つぶやきまとめ(その1)前日事前準備編

http://togetter.com/li/1033959

 

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「何だぜ、これ☆?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「電王トーナメントの つぶやき まとめ だぜ☆

前日、大会中の ツイート を まとめたものだぜ☆

コンピューター将棋選手権版と、 電王トーナメント版 があるぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「30数チームの中で 頂点の 1チームだけが 電王戦に出られるのね」

kitashirakawa_chiyuri_80x100x8_05_hehe

「きふわらべも 頂点へ持っていこうぜ☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

Ponanzaポナンザ、浮かむ瀬(Aperyエイプリー)、やねうら王、読み太、大将軍たいしょうぐん

全員 倒していくんだろ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

Seleneセレネ、たこっと、Qhapaqカパックnozomiノゾミ、うさぴょん2´ダッシュ、†白美神†、習甦しゅうそ

上には いっぱいいるぜ、やったな☆!」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「きふわらべ ちゃんは 今 どのぐらいに いるの?」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「33位だぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

NineDayFeverナインデイフィーバー や YSSワイエスエス、 Bonanzaボナンザ といった強豪ソフトも

今回の電王トーナメントでは 出てこなかったし、

コンピューター将棋ソフト全体の中での 順位はもう少し下がるぜ、

やったな☆!」

kifuwarabe_80x100x8_04_tententen

「……………………☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「なんか もっと きふわらべちゃんは すごい コンピューター将棋ソフトなんじゃないの?

ブログ記事も すんごく長いし、もう大会にも 5度は出場している常連なんでしょ?」

kifuwarabe_80x100x8_09_umm

「…………………………………………☆」

kitashirakawa_chiyuri_80x100x8_05_hehe

「飛車が2マス以上 進めるよな☆」

kifuwarabe_80x100x8_05_nohoho

「まだ 自力で 勝ったことがないんだぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「えーっ!」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「プログラム歴は?」

kitashirakawa_chiyuri_80x100x8_05_hehe

「25年☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「コンピューター囲碁いご歴は?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「半年ぐらい……☆(^~^)」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「倒した将棋しょうぎソフトの数は?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

攻茶花電こうちゃかでん、 Labyrinthus+ラビリントス・プラス の2つだぜ☆

十六式・いろは と、 にこあ将棋 とは引き分け☆

大樹たいじゅの枝ライブラリーを使った きふわらべ も入れると、

shogi686、 なり金将棋、 Claireクレア、 白砂はくさ将棋 に勝ったこともあるぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「その、ライブラリー というのを使いましょうよ」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「そうそう……、みんな ライブラリ を使うといいぜ、

いきなり 去年の3位 とか、そんな強さの コンピューター将棋ソフトから始められるんで☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「でも お父んは 使わないんだろ☆?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「1度は 使ってみたんだぜ☆

大樹の枝ライブラリーからは、

アンローラー、テンプレート、リンクリストのような関数呼び出し、評価関数の構造、

ムーブピッカー、ベンチマーク、 吸収できるものは いっぱいある☆

その知識は さらに

最強のフリーのコンピューター・チェス・ソフト ストックフィッシュ7

を読むのに助けになる☆

どうぶつしょ……、しょうぎ・さん・よん にも生かされているぜ☆

直接 役立っているわけではないが、枠組みのようなものが頭の中にできる☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「でも ライブラリー 使わないの?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「オリジナルの きふわらべ が、コンピューター将棋界を揺るがすんだぜ☆」

kifuwarabe_80x100x8_06_yodare

「ゴゴゴゴゴゴ☆!」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「例えば この局面☆」

201612031236b

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「C4ひよこ☆!」

201612031236

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「ひゃー!

なんで そんなとこ 打っちゃうの?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「わたしは 犬とは しゃべれないが、

コンピューターとは 対話できる☆

コンピューターに直接 聞いてみればいいんだぜ、 なんで そんな手を打ったのか☆

人間に通じる言葉ではなく、

わたしと コンピューターとの間でだけ通じる秘密のメッセージで☆」

 

ky fen k1r/1z1/1ZK/1R1 Hh 2

set JohoJikan 0

set SaidaiFukasa 2

set SikoJikan 10000

go

 

201612031256

201612031256b

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「深さ2 での全ての読み筋は こうだぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「これは きふわらべちゃんの 思考過程が 全部載っているの?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「そうそう……☆

量が多くなりすぎるんで、 深さ2 ぐらいが ちょうどいいぐらいだぜ☆

これを読んで、 どこで C4ひよこ打☆ なんか一番いいと思ったのか

調べるんだぜ☆

これを 『ログを読む』 とも言う……☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「ログを読んでると コンピューター将棋ソフト界を 震撼させることができるの?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「きふわらべ の存在そのものが 脅威だぜ☆

きふわらべ なんかに負けたら 自信が ぐらーっ と揺らぐぜ☆

プログラムのコメントに 顔文字が書いてあるコードが

33位から 頂点を狙っているんだぜ☆」

kifuwarabe_80x100x8_08_gentleman

「すくすく育つぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「で、ログには何て書いてあるの?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「まず、eda を見てくれだぜ☆」

201612031328b

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「当然 1 ずつ増えていくんだぜ☆

UpAlpha とか、BetaCut とか書いてあるところは数字は増えない☆

そして 葉っぱ でも何でもない 本当のただの枝は

通過するだけなんで、

情報が表示されてないだけで 枝は 飛び番で 増えているぜ☆

読み筋の手が 根本から変わったときなんかは 飛び番 するな☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「見方が分かると 読めるものねぇ」

201612031328c

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「 jikanじかん は 1000分の1秒 で表示されているぜ☆

情報を出すのが時間かかるんで、

情報を出さなければ もっと速い☆

普段は 3秒に1回ぐらいの間隔で 出すようにしているぜ☆」

201612031328

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「 そして fukasaふかさ は まず、深さ1 を横にずばっと読み、

深さ1の読みが終わったら

次は 深さ2 の読みが ずらーっと続くぜ☆」

201612031357b

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「深さ2 の方は、 2/2 というやつと、 1/2 というやつの

2つがあるぜ☆

深さ2 を読むときは、 深さ1 は全部 通り抜け通路みたいなもんで通り過ぎるだけなんで 情報は出していないぜ☆

で、これはいい葉っぱだったぜ、というのを見かけたら

深さからの帰り道で ベストを更新するので、

1/2 の深さには UpAlpha と書いていたりするぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「だんだん 読めてくるわね」

201612031424

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「気になるのは hyokatiひょうかち だぜ☆

きふわらべ は 2プレイヤーで、評価値のプラス・マイナスは

全部 2プレイヤー視点に “置き換え” て書いているぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「プログラム中では 手番から見た評価値なので、

深さが 1、3、5…… のときと、 2、4、6…… では

プラス・マイナスがひっくり返っているんだが、見づらいだろ☆」

kifuwarabe_80x100x8_03_iyaiya

「初期局面から2手目、わたしの1手目から 二駒関係で -870点が付いているぜ☆ こんな手 指せないぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「なんか、評価値が変わってないのに UpAlpha になってるところがない?」

201612031440

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「それ、ランダム を入れてあるぜ☆

同じ評価値なら きまぐれ で 指し手を選ぶようにしてある☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「なんで そんなこと するの!」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「毎回 同じ指し手を 指してきたら、

ゲームを楽しめないじゃないか☆」


23:02

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_04_Aozame

「寝ていたら 23時になっていた……☆

続きだぜ☆」

201612032301

201612032301b

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「ランダム性を停止させてみても、

ひよこを 打つのは変わらないな☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「ログをよく 見てみようぜ☆」

201612032339

201612032339b

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「B1きりん☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_02_Hidosu

「お父ん、random のつづりを間違えて randam にしていたぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「random 性を消すと 一見 まともそうな 指し筋 だぜ☆

なるほど……、

最善手だけを指すコンピューターに ランダム性なんか入れたら

1つ ランダムが働くたびに 必ず悪い方を選ぶわけかだぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「ひどい話しね!」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「でも ひよこのただ捨て の方がマシだったんだぜ☆

きりんが らいおんの逃げ道を塞ぐ壁になってしまって、

C2きりん☆ の 一手詰めだぜ☆」

KIFUWARABE_80x100x8_02_Hidosu

「まいったぜ☆(>_<)」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「2手の深さを読ませているのに、1手詰め が見えないの?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「調べてみるかだぜ……☆」

kifuwarabe_80x100x8_06_yodare

「ぴん ぽん ぱん ぽん ☆!」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

何!?

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「おっと、23時47分、もうそろそろ 12月3日 も終わりだぜ☆

じゃあ ここらへんで 楽しいブログも 終わるかだぜ☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「残念だぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu

「コンピューター将棋の説明というか、

コンピューターの5大装置の説明で終わった感があるわね」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「これ、クリエイターに直接お金を支援できる Enty.jp な☆

もっと お父んに ひと月10万円ぐらい 金を入れてくれたら テクニカル・ライティング ばっかり 書き続けるんだが……( ^ω^)」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu

「一手詰めルーチンも ログ出して 調べようぜ☆?」

kitashirakawa_chiyuri_80x100x8_05_hehe

「よしよし☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu

「明日は チダショーの ポナンザみたいな指し手を楽しむかだぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_01_Damaru

「おっしま~い!

解散よ、解散!」

はてなブックマーク - コンピュータ将棋 アドベント・カレンダー☆
[`yahoo` not found]
[`yahoo_buzz` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Digg にシェア
Facebook にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
StumbleUpon にシェア
GREE にシェア
email this
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です